准看、心の葛藤

准看護師として働いてきて...仕事自体に不満は特にありません。

後は自分自身との葛藤ばかりなんですよね。

やっぱり正看の資格を得ないとなかなか自分の中で満足する結果が出せない。

たとえばどんなに自分よりも能力が劣っているって確信できるような正看がいたらその人は私よりも上なんですよね。

それがどうしても許せない...。自分の中で私の方がレベルが高いのに...ってどうしても思ってしまうんだよね。だけど残念ながら私は准看でしかない。

これが一番悲しい現実なんだよね。やっぱりなんとか頑張って少しでも早く正看の資格を得ないと...。

同じ土俵に立つことが出来れば...それまでは我慢するしかないですよね。

看護師の仕事に限らずどんな仕事でもきっと持っている資格なんかで色々と悔しい思いをしている人ってたくさんいるんでしょうね...。実際には資格を持っているからとか関係なく何も持たない人のほうが優れている場合だって多々あるんですけどね!

このブログ記事について

このページは、さとしが2012年6月18日 09:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「准看と正看の仕事内容」です。

次のブログ記事は「時には思い切った行動を」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。