人として...

埼玉県のJR川越駅構内で全盲の女性が誰かに蹴られて負傷するという事件が起こりましたよね。

なんとあの事件のことで加害者側に理解を示す人や被害者の女性に対しての落ち度についての書き込みがネット上ですごいことになっているらしいですね。

この事故は白杖につまずいて転倒してしまったことに腹を立て背後から蹴ったらしいけど被害者は自分の白杖でつまずき転倒してしまった加害者に対して謝ったのか?とか全盲でも他人に杖で転倒するようなことをされたら...とか色々とひどいことが書かれているようです。

どうしてこういう書き込みを平気でする人がいるんでしょうね...。

看護師の仕事をしている私は患者さんで全盲の方の対応をすることもあります。

何も見えない、暗闇だということがどれだけ不安でたまらないか...考えたことがあるのでしょうか?

勿論私も経験がないので本当の苦しみはわかりません。

でも手を差し伸べることがあっても非難することはやっぱり間違っていると思うんですよね。

このブログ記事について

このページは、さとしが2014年9月16日 02:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「価格高騰台風のせい?」です。

次のブログ記事は「加護ちゃんの危機??」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。