マナー

マナーにもいろいろありますが、今日はお葬式マナー。
実は以前、葬式に詳しいと豪語するおばあちゃんがいました。
実のおばあさんではないですよ、知り合い?っていえばいいのかな。

でもどうして葬式にそんな詳しいのか、なんだか悲しくないですか?
葬式にばかり出てるってこと?
まーでもその人のいうことはおいといて。

マナーですが、通夜までは近親者の服装は喪服に着替える必要はなく、
地味な服装で。
通夜の時、基本的には、ご遺族・ご親族の方は喪服を着用します。

弔問客の場合は、平服でも遊び着や派手な色の服装でなければよいとのこと。
女性は、結婚指輪以外アクセサリーをしない方が無難です。お化粧も控え目に。
髪型も普段のままでお悔やみに合ったスタイルに。

とのことでした。
なんだか、かっこうばかりですね。
気持ちはどうなのだって話です。。

気持ちといえばお金でしょうか??
いやらしいので今日はやめときます。
故人をしのぶ気持ちがなかったらどんなマナーもダメだと思う。

このブログ記事について

このページは、さとしが2017年10月 1日 04:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「外国語を学ぶ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。