世の中捨てたもんじゃない

イギリスのとあるレストランで、
カードでの支払いが出来ないってわかった3人組がATMでお金を降ろしにいくと出ていって、

、、、そのまま戻ってこなかった。
でも、捨てたもんじゃないね。
後日手紙が届いたんですって。

「x日に、食事代を払わずに店を出て行ってしまったことを本当に申し訳なく思っています。

カードで支払う予定だったのですが、スタッフから使用不可と聞いてATMを探しに行く許可をもらい、店を出ました。
ATMを探している途中で最終電車の時間が迫っていることに気付いたのです。

乗り遅れたら大変だという気持ちが先走って、私たちは急いで駅に向かい、なんとか終電に乗り込みました。
勘定していないことに気付いた時にはもう遅かったのです。

でも、そのようなことをして深く後悔しました。だからここにお詫びの手紙と40ポンド(約6,000円)を同封します。
本当に申し訳ありませんでした。
それからトリップアドバイザーのレビュー欄には、5つ星評価を残しておきますね。
トム、アレックス、ハリーより」

いやー、こんないい話、今時ないよね。

ちなみに手紙には住所とかまったく書かれていなかったとか。
うわー、、、やるなー。
格好いい!!

このブログ記事について

このページは、さとしが2018年4月 1日 00:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カウンセラー」です。

次のブログ記事は「Wあさの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。