伸びるテグス

伸びるテグスっていうのがって、釣り人がもってるような糸なのですが、
これでブレスレットを作る人が多いんです。

(余談ですが、ワイヤーだけで作ってしまう人もいます)

その、伸びるテグスにビーズを通して、結ぶだけのブレスレット、またはネックレスがあるのですが、
最後の結び方がよく分からなくて。
いちど、だれかのブログかなにかで、すごく長くテグスを使ってるのを見た事があります。
二度と押忍みたいでしたが、そんなこと書いてる人、少なくて。
ってことはどちらでもいいんでしょうね。

なにかで買ったブレスレットは二度巻してました。
おそらくこの方が強度が強いのでしょうね。

100均でも売ってます。
強度もさほど他と変わらないっていう噂です。
だったら最初は100均のでもよさそうですね、練習がてら。

今ってこんな風に安くなんでも手に入るので便利ですね。
私が考えたように「最初はこれでやってみよう」って買う人も多いと思う。
ぶっつけ本番で高価なものを揃えてもうまくいかないと泣きますしね。
いーい時代ですよ。

メーカーもいろいろあるようです、オベロンってところが有名ですね。
どこの、どんなのがいいのか、これから私も研究します。

このブログ記事について

このページは、さとしが2019年11月 1日 23:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どうしてもしなくては。」です。

次のブログ記事は「テグスの結び方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。